熱中症対策の応急処置の方法を知る事は大切です。熱中症の症状は高齢者、犬や猫も症状があります。仕事でも熱中症対策建設業や工事現場ではマニュアルがあります又厚生労働省・環境省・気象庁等でもイラスト付きの予防対策が示されています。予防対策の為に水分普及に気を付けましょう。

熱中症対策応急処置

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link

Categories
[ 熱中症対策応急処置 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2010.09.11 Saturday | - | - |
[ 熱中症対策応急処置熱中症 応急処置 > 熱中症 イラスト ]

熱中症 イラスト

< 熱中症 イラストの記事はココから >
JUGEMテーマ:健康

熱中症とは、「熱に中(あた)る」ことによって発生する病気で、屋外、屋内を
問わず、高温環境にばく露することで生じる健康障害の総称で、梅雨時から盛
夏、秋口にかけて注意が必要な病気です。
「熱中症による死亡者や重症者がでた」というマスコミ報道からもわかるよう
に、重症な熱中症は生命の危機をもたらします。しかも、暑い最中に仕事をす
ることで、急激に熱中症になるわけですから、酸欠事故のような、いわば、職場
で発生する事故や災害の一種ともいえます。
熱中症を引き起こす原因とそのメカニズム
人間が“暑さ・寒さ”を感じる要素には単に気温が高いだけによるのではあり
ません。例えば、「湿度が高い」「直射日光にあたる」「風が全くない」などの要
素も私たちが暑いがこたえる原因となっています。さらに、肉体労働などに従
事している場合には、暑く感じる度合いは室内の事務作業より強くなります。
人間が暑い環境のもとで長い間過ごすと、徐々に体温が上昇し始めます。
人間には体温を一定に保とうとする機能が備わっていますので、上がりかけた
体温を元に戻そうとする 様々な生理反応が働きます。医学的にいうと、この
機能には“皮膚の血管拡張”と“発汗作用”の二つがあります。暑い最中に仕
事をしていると、頭がぼんやりしてきたり、しきりと汗をかくようになるのは、い
わば、人間に備わっている生体防御反応なのです。この状態が度を過ぎて、バ
ランスを崩すと熱中症という病気を引き起こす、と考えられています。
< 熱中症 イラストの記事の続きはココから >
< 熱中症 イラストの記事はココまで >
| カテゴリ : 熱中症 応急処置 | 2010.01.30 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
[ 熱中症対策応急処置 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2010.09.11 Saturday | - | - |
<< 熱中症の防止 | 熱中症対策応急処置 | 熱中症はどのような症状か >>
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧

blogram投票ボタン
ブログランキング
RSSで更新状況をチェック
SponsoredLink
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

熱中症 熱中症対策 熱中症対策グッズ 熱中症イラスト 熱中症症状 熱中症応急処置 熱中症予防 熱中症計 熱中症建設業 マニュアル 携帯型熱中症計 工事現場 治療熱中症 予防 対策 熱中症予防 水分補給 指数計 熱中症原因