熱中症対策の応急処置の方法を知る事は大切です。熱中症の症状は高齢者、犬や猫も症状があります。仕事でも熱中症対策建設業や工事現場ではマニュアルがあります又厚生労働省・環境省・気象庁等でもイラスト付きの予防対策が示されています。予防対策の為に水分普及に気を付けましょう。

熱中症対策応急処置

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link

Categories
[ 熱中症対策応急処置 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2010.09.11 Saturday | - | - |
[ 熱中症対策応急処置熱中症の防止 > 熱中症の防止 ]

熱中症の防止

< 熱中症の防止の記事はココから >


熱中症の防止のためには、個々の作業場所に適した方法で、労働者の年齢、健康状態等を考慮し、
適切に作業環境等の管理を行う必要があり、次の(1)から(4)までの事項に留意しつつ、WBGT を
活用することが適当である。

(1)中高年齢労働者への配慮
WBGT 基準値は、成年男性を基準に設定されていることから、労働者の年齢に合わせた作業強度
を設定するなど、中高年齢労働者に配慮した対策が必要である。

なお、中高年齢労働者は、加齢に伴い、脱水していても口渇き感が少ないことがあることから、
進んで水分を摂取する必要があることにも併せて留意すること。

労働者の健康状態への配慮

WBGT 基準値は、健康な状態を基準に設定されていることから、個々の労働者の健康状態を把握し、
健康状態に合わせて作業強度を設定するなど、労働者の健康状態に配慮した対策が必要であること。

暑熱環境に対する順化への配慮梅雨から夏季になる時期において急に暑くなった場合など、気温の
急な上昇による暑熱環境下での作業を行う場合には、労働者が暑熱環境に順化していないため、作
業時間を徐々に増加させることが必要であること。また、長期間暑熱環境から離れ、その後再び、
暑熱環境下での作業を行う場合も同様であること。
< 熱中症の防止の記事の続きはココから >
< 熱中症の防止の記事はココまで >
| カテゴリ : 熱中症の防止 | 2009.12.20 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
[ 熱中症対策応急処置 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2010.09.11 Saturday | - | - |
<< 熱虚脱 | 熱中症対策応急処置 | 熱中症 イラスト >>
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧

blogram投票ボタン
ブログランキング
RSSで更新状況をチェック
SponsoredLink
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

熱中症 熱中症対策 熱中症対策グッズ 熱中症イラスト 熱中症症状 熱中症応急処置 熱中症予防 熱中症計 熱中症建設業 マニュアル 携帯型熱中症計 工事現場 治療熱中症 予防 対策 熱中症予防 水分補給 指数計 熱中症原因