熱中症対策の応急処置の方法を知る事は大切です。熱中症の症状は高齢者、犬や猫も症状があります。仕事でも熱中症対策建設業や工事現場ではマニュアルがあります又厚生労働省・環境省・気象庁等でもイラスト付きの予防対策が示されています。予防対策の為に水分普及に気を付けましょう。

熱中症対策応急処置

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link

Categories
[ 熱中症対策応急処置 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2010.09.11 Saturday | - | - |
[ 熱中症対策応急処置熱中症を予防 > 熱中症を予防 ]

熱中症を予防

< 熱中症を予防の記事はココから >
JUGEMテーマ:夏フェス総合 


熱中症を予防する為には、具体的に高温ストレスを減らす対策や工夫をする
熱中症を予防するためには、まず、温熱ストレスへのばく露を減らすことが
できればよいわけです。熱源(屋外では直射日光)からの余計なストレスを
減らすために「なるべく日陰を活用する」「遮熱ボードを用いる」
「屋外作業では帽子を着用する」などの対策を講ずるべきです。

水分補給と塩分補給を忘れない
20〜30分ごとに水(約0.3%食塩水)かスポーツド
リンクを1杯(約200ml)飲む。 イラスト6
3.高温ストレスに徐々に慣れる
高温ストレスに対する身体の慣れを作ることも重要です。要するに、初めて、
または、久しぶりに高温下の仕事を行う場合には、初日は、高温下の作業が
一日の労働時間の50%位からスタートし、一週間くらいで100%まで増
やしていけば、身体が高温環境に徐々に慣れることができます。

熱中症の初期サインを見落とさない
つぎに、熱中症は高温環境下で発症する急性の健康障害であるため、作業者や
周りの同僚が熱中症の初期症状(熱中症予防のための十箇条の六)を理解して
おくことが重要となります。
このような症状を感じた時や同僚の様子がおかしいなと思った時には、無理を
せず、木陰や涼しい場所で休み、スポーツ飲料で水分と塩分の補給をするよう
にしてください。なお、ここで注意したいことは、水だけ補給していると、発汗
がより促進し、熱けいれん症がひどくなるので、避けてください。
< 熱中症を予防の記事の続きはココから >
< 熱中症を予防の記事はココまで >
| カテゴリ : 熱中症を予防 | 2009.09.22 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
[ 熱中症対策応急処置 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2010.09.11 Saturday | - | - |
<< 熱中症イラストで症状 | 熱中症対策応急処置 | 熱射病(日射病) >>
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧

blogram投票ボタン
ブログランキング
RSSで更新状況をチェック
SponsoredLink
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

熱中症 熱中症対策 熱中症対策グッズ 熱中症イラスト 熱中症症状 熱中症応急処置 熱中症予防 熱中症計 熱中症建設業 マニュアル 携帯型熱中症計 工事現場 治療熱中症 予防 対策 熱中症予防 水分補給 指数計 熱中症原因