熱中症対策の応急処置の方法を知る事は大切です。熱中症の症状は高齢者、犬や猫も症状があります。仕事でも熱中症対策建設業や工事現場ではマニュアルがあります又厚生労働省・環境省・気象庁等でもイラスト付きの予防対策が示されています。予防対策の為に水分普及に気を付けましょう。

熱中症対策応急処置

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link

Categories
[ 熱中症対策応急処置 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2010.09.11 Saturday | - | - |
[ 熱中症対策応急処置熱中症対策イラスト > 熱中症イラストで症状 ]

熱中症イラストで症状

< 熱中症イラストで症状の記事はココから >
熱中症イラストで症状の確認。

熱中症と一言で言いますが、医学的には大きく三つの病気
(熱虚脱、熱けいれん、熱射病)からなるといわれています。
熱中症を予防するためには、熱中症の初期症状やそれぞれの病気の症状を
理解することが大切になるため、理解を深める必要があります。

では熱中症の初期症状はどのような症状でしょうか!

まず、仕事やスポーツなどで大量の汗をかくと、体の胸や肩に鮮やかな赤色
の発疹が出現します。

これは、軽視しない方がよいでしょう。このサインは、高温ストレスが想像
以上に強く、水分・塩分の補給や休憩が不十分であるという、いわば、熱中
症の初期の兆候と考えられています。

私たちが暑い環境のもとで長い間過ごすと、徐々に体温が上昇し始めます。
人間には体温を一定に保とうとする機能が備わっていますので、上がりかけた

体温を元に戻そうとする 様々な生理反応が働きます。医学的にいうと、この
機能には“皮膚の血管拡張”と“発汗作用”の二つがあります。暑い最中に仕
事をしていると、頭がぼんやりしてきたり、しきりと汗をかくようになるのは、
いわば、人間に備わっている生体防御反応なのです。この状態が度を過ぎて、
バランスを崩すと熱中症という病気を引き起こす、と考えられています。
JUGEMテーマ:夏だ!


< 熱中症イラストで症状の記事の続きはココから >
< 熱中症イラストで症状の記事はココまで >
| カテゴリ : 熱中症対策イラスト | 2009.09.22 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
[ 熱中症対策応急処置 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2010.09.11 Saturday | - | - |
<< 熱中症を予防 | 熱中症対策応急処置 | 熱中症を予防 >>
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧

blogram投票ボタン
ブログランキング
RSSで更新状況をチェック
SponsoredLink
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

熱中症 熱中症対策 熱中症対策グッズ 熱中症イラスト 熱中症症状 熱中症応急処置 熱中症予防 熱中症計 熱中症建設業 マニュアル 携帯型熱中症計 工事現場 治療熱中症 予防 対策 熱中症予防 水分補給 指数計 熱中症原因